元手1〜10万円、FXで低資金から大きく稼ぐためにすべき3つのこと

ステップアップ

少ない元手から始められるFXですが、大きく稼ぐにはステップアップしていかなければいけません。

稼ぐトレーダーほど相場への心構え、考え方、行動が伴っています。

FXを始めたばかりであったとしても、最初からプロの意識をしっかり持つことはとても重要です。

今回は、初心者に大切な3つのことを解説します。

 

元手が少ないからといってギャンブルな取引をしない

ギャンブル

少額取引ができるFXですが、始めの元手は1万円・5万円・10万円位から始める方は多いでしょう。

もしくは、デモトレードから本番に移行する方もいるかも知れません。

 

デモトレードは仮想資金が多いので、デモトレードで大きく勝つこともあります。

このビギナーズラックのまま、実際の取引で大きな金額を動かして痛い目になったら元も子もありませんよね。

 

上級者になるにはコツコツと取引して、相場観を養っていくのが全てと言えます。

 

これは、少額から始める場合にも言えることです。

元手が少なくてもFXは投資であり、ギャンブルではありません。

金額が少ないからといってバクチ的な売買をしていては、いつまでたってもそのラインから抜け出せなくなります。

 

FXはしっかりと相場分析をして、仮定を立てて取引するようにしましょう。

損切りのルールを徹底する

止める

「エントリーしていい頃合いになったら利益確定、逆方向の一定ラインまで動いたら損切りをする。」

このようにFXは「新規注文」「利益確定」「損切り」3つのタイミングを自分の判断で売買しますが、このなかで一番難しいのは損切りです。

 

熟練者であっても、損切りのルールを徹底できずトレードで過ちを犯してしまい、退場者となることもあります。

 

FXは損小利大、すまわち「損は小さく利益は大きく。」が大原則です。

極端に言えば1勝9敗でも、損を少なく切って、1度大きくトレンドに乗れれば収支はプラスとなるからです。

 

「予想していたよりも下がったけど、きっと上がるはず。」

と判断していても、そのままズルズルと下がればロスカットになります。

+70pipsになったら利益確定、-30pipsになったら損切りといった風に、相場から長期間にかけてお金を稼ぎ続けるためには自分ルールを徹底させることが必須です。

利益が出てきたら、複利運用で枚数を増やす

複利運用

少ない元手だと1,000通貨から始めることになりますが、やはり少額取引では稼げる金額に限界があります。

コツコツと売買して利益が出てきたら、徐々に取引数量を増やしていくことで、効率よく稼げるようになります。

 

これは複利運用をするということです。

利益を、さらに資金として上乗せしていくやり方です。

 

枚数(lot数)を増やすと、倍々ゲームのごとく利益も比例して増えていきます。

複利の効果によって、資金を増やすパフォーマンスを高められます。

 

始めから大金で投資ができる人は限られていますので、FXで資産を積み重ねている人ほど、この複利をよく理解して実行しているのです。

 

真面目に1年以上トレードしていれば、その頃には複利運用ができるレベルになってきます。

1lotは1円に変動で1万円になりますが、5lotなら1円の変動で5万円、10lotなら1円の変動で10万円になります。

 

確実性が高いと判断したときに高lotで収益化できれば、資産は爆発的に増えます。

 

例えば10万円から始めたとして、資産が30万円(300%)まで膨らんだら、トレード技術が高くなったと自信を持ってください。

ここで10万円を出金すれば、プラスマイナスゼロからのスタートとなりますので、仮に20万円が損失となっても、最初の10万円で再びスタートすることができます。

 

気になる疑問や便利なTipsなど


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!