4,000円でFXできる11業者をご紹介!少額取引の方法と6つの注意点も解説!

FX取引にはそれなりの資金が必要そうなイメージがあるかも知れません。
しかし、約4,000円からFXを始めることができます。

  • 1,000通貨で取引できるおすすめの11業者
  • 4,000円からFXができる仕組み
  • 少額取引における6つの注意点

こちらのページでは、上記3つの項目を詳しく解説していきます。

約4,000円から始められるFX業者【11選】

4,000円でFXをやるには、1,000通貨対応が最低条件です。

さらに、初めてのFXに便利な機能や取引ツールを提供していたり、スプレッドやスワップポイントで強みのある業者をご紹介していきます。

みんなのFX

みんなのFXは、全20通貨ペアがすべて1,000通貨単位に対応しています。
1,000通貨対応業者であってもスワップ投資で人気の南アフリカランド/円、メキシコペソ/円は最小1万通貨となっているのが主流です。

しかしみんなのFXなら、どの通貨ペアも1,000通貨から取引できるので安心ですね。
例えばメキシコペソ/円なら、1ペソ=5円の場合は200円で取引が可能です。

他社では1万通貨の中国人民元/円、香港ドル/円も1,000通貨ですので、お試しで少額から取引を始められます。

みんなのFXでは売買シグナル配信のTMサインに加え、売買比率や通貨強弱・ヒートマップが会員向けに用意されており、どの通貨が狙い目なのか分かりやすい機能を提供しています。

さらに業界屈指の低スプレッド、高スワップポイントなので、初心者に適した環境が魅力です。

こちらから無料でみんなのFXの口座開設ができます!

外為どっとコム

ほとんどの通貨ペアが1,000通貨対応となっているのが、外為どっとコムです。
全30通貨ペアのうち、ロシアルーブル/円以外の29通貨ペアが1,000通貨から取引できます。

外為どっとコムはマイナー通貨が多く、人気の高金利通貨はもちろんのこと、北欧通貨(ノルウェークローネ/円、スウェーデンクローナ/円)などバラエティ豊かな通貨ペアを提供。

これからFXにチャレンジしたい方に外為どっとコムがおすすめの理由が、未来の値動きを自動で予想してくれるぴたんこテクニカルが提供されていることです。
テクニカル分析ができるか不安であっても、ぴたんこテクニカルがしっかりとカバーしてくれます。

もちろん業界随一の狭さを誇るスプレッド、高水準スワップポイントによる、優れた取引環境も魅力の業者です。

こちらから無料で外為どっとコムの口座開設ができます!

YJFX!

1,000通貨対応業者で外せない存在となっているのが、ヤフーグループのFX業者であるYJFX!です。

ただしYJFX!では、全25通貨ペアのうち、南アフリカランド/円・トルコリラ/円・メキシコペソ/円・人民元/円・香港ドル/円の最低取引単位は1万通貨となっています。
そのため高金利通貨を少額から取引したいなら、みんなのFXか外為どっとコムを選びましょう。

YJFX!は低スプレッド、高スワップポイントの魅力はもちろんのこと、アプリは短期売買しやすく完成度が高い点が挙げられます。
業界でも貴重なiPad/Androidタブレットに最適化されたアプリ「外貨ex」の使いやすさは、業界最高峰ともいえる完成度です。

スマホ、タブレットの高機能アプリで、メジャー通貨ペアをスキャルピング、デイトレードするならYJFX!がおすすめです。

こちらから無料でYJFX!「外貨ex」の口座開設ができます!

外為オンライン

外為オンラインは少額取引に対応している業者です。

全26通貨ペアを提供していますが、そのうち南アフリカランド/円・メキシコペソ/円のみ最小1万通貨となっていますのでご注意ください。

スプレッドは業界でもやや広めですが、リピート系注文iサイクル2取引を主軸とした外為オンラインだけあって、スプレッド競争には参加していません。

iサイクル2取引は、自動でコツコツとかんたんに利益を狙える画期的な注文方法です。
数あるリピート系注文においても利用者の多さは業界屈指となっているのが、外為オンラインの特徴です。

また顧客目線のサービスに力を入れており、セミナーの開催頻度が多く、安心できるサポート面には心強さが感じられます。

また高金利通貨でメキシコペソ/円などのスワップポイントは、付与が安定していることも外為オンラインの魅力です。

こちらから無料で外為オンラインの口座開設ができます!

FXブロードネット

1,000通貨対応のFXブロードネットでは、24通貨ペアを取り扱っています。
そのうち南アフリカランド/円のみ、1万通貨からの取引となっていますのでご注意ください。

サービスとしては、外為オンラインのiサイクル2取引のライセンスを受けたリピート系注文、トラッキングトレードが特徴です。
外為オンラインよりもスプレッドが狭いので、リピート系注文で低スプレッドを求めるならおすすめしたい業者です。

トラッキングトレードのコンテンツ「ガチンコバトル」には4名の参戦プレイヤーがいますが、同じ設定でかんたん発注できることもポイントです。

こちらから無料でFXブロードネットの口座開設ができます!

FXプライム byGMO

FXプライム byGMOでは、裁量FX、システムトレード「ちょいトレFX」、バイナリーオプションと3つのサービスを提供しています。

裁量口座「選べる外貨」では20通貨ペアを提供しており、南アフリカランド/円、トルコリラ円、メキシコペソ/円、ポーランドズロチ/円など全通貨ペアが1,000通貨に対応しています。
ただし裁量口座で1万通貨未満の取引だと、取引手数料が発生しますのでご注意ください。

そのかわり、シストレ口座は1万通貨未満であっても取引手数料は完全無料となっています。

FXプライム byGMOの強みといえば、スキャルピング公式OKであり、極めて高い約定力、そして30種類を超える業界トップ水準の情報力、未来の値動きを自動で予想してくれるぱっと見テクニカルが秀逸であることが魅力です。

マネックス証券

マネックス証券のFX口座「FX PLUS」では16通貨ペアを提供しており、全通貨ペアが1,000通貨に対応しています。

通貨ペア数は多くないものの、トルコリラ/円、中国元(オフショア)/円、メキシコペソ/円も1,000通貨で取引が可能です。

またマネックス証券では独自系のリピート系注文、オートレール注文を提供しており、スプレッド以外のコストは完全無料です。
これにより、さまざまなリピート系注文において、低コストが光るハイスペックも魅力のひとつ。

マネックス証券をメインで使う場合は、トレードカルテFXの恩恵を受けられるのもポイント。
これはAIによるトレード支援サービスで、「どんな通貨ペアやテクニカル指標が向いているのか」「どんなチャート形状でのトレードが得意・不得意か」をアドバイスしてくれます。

こちらから無料でマネックス証券の口座開設ができます!

JFX

少額からスキャルピングしたい方には、1,000通貨に対応していて、スキャルピングを公式サポートする「JFX」がおすすめです。

高金利通貨も揃えており、南アフリカランド/円、トルコリラ/円も1,000通貨に対応しています。
ただし全26通貨ペアのうち、3通貨ペア(メキシコペソ/円、ノルウェークローネ/円、スウェーデンクローナ/円)のみ、最小1万通貨ですのでご注意ください。

スプレッドの狭さ、スワップポイントの高さには競争力がありますが、支払い側のマイナススワップポイントは大きめの傾向があることから、中長期ポジションの保有方向には注意を向ける必要があります。

とはいえ安心してスキャルピングできる環境は貴重ですから、少額から短期売買したい方に向く業者となります。

こちらから無料でJFX「マトリックストレーダー」の口座開設ができます!

LIGHT FX

LIGHT FXは、みんなのFXと同じくトレイダーズ証券が提供するFXサービスです。

27通貨ペアを取り扱っており、1,000通貨対応であることも、みんなのFXと共通の仕様となっています。
そのため、南アフリカランド/円、トルコリラ/円、メキシコペソ/円など全通貨ペアを少額で取引が可能です。

なおみんなのFXの方がキャンペーンが豊富、自動売買とバイナリーオプションが用意されている、セミナー・デモトレードがある、キャンペーンによってはLIGHT FXの方がスワップポイントが高い、といった違いがあります。

取引ツールも基本的に共通ですので、みんなのFXがお好みでしたら、レバレッジを考慮して短期用口座・中長期口座で分けて使うのがおすすめ。

こちらから無料でLIGHT FXの口座開設ができます!

インヴァスト証券「トライオートFX」

インヴァスト証券のトライオートFXでは17通貨ペアを提供しており、1,000通貨から取引が可能です。
なお南アフリカランド/円のみ1万通貨からの取引となり、ほかの高金利通貨は提供されていない点にはご注意ください。

トライオートFXはリピート系注文で絶大な支持を集めているサービスですが、スプレッドが狭いので裁量取引にも向いています。
この自動売買サービスは独自のロジックを採用しており、かんたんに発注できるのもポイントです。

リピート系注文に興味があるけど、まずは裁量から始めたいとお考えの方にマッチしたサービスとなっています。

こちらから無料でインヴァスト証券「トライオートFX」の口座開設ができます!

ネオモバFX

どうしても元手4,000円で始めたいなら、1,000通貨よりもさらに少額の「1通貨」に対応するネオモバFXを選びましょう。
米ドル/円を1通貨で取引するなら、1米ドル=100円なら約4円、1米ドル=125円のときでも約5円で売買できます。

他の業者は4,000円の入金で0.1Lot取引だと高レバレッジでハイリスクですが、ネオモバFXならロスカットリスクを徹底的に抑えることができます。
4,000円の入金で1通貨の売買をする場合、実質400万円の入金で1,000通貨の取引と同じレバレッジ水準となります。

またネオモバFXならTポイントを証拠金に使えるのもポイント。

1通貨の取引ではどんなに為替が動いても収益化が難しいですが、少額からFXに慣れる観点でいえばネオモバFXは最適な業者です。

こちらから無料でネオモバFXの口座開設ができます!

1,000通貨なら4,000円から取引できる仕組み

FX取引で使われる取引単位ですが、基本は10,000通貨単位となります。

米ドル/円を例に見てみましょう。

1米ドル100円のとき、1,000通貨なら必要証拠金は約4,000円

1米ドル= 100円のとき、10,000通貨の取引には最小40,000円が必要です。
FXではこの10,000通貨が基本単位となっていて、10,000通貨=1Lot(ロット)となります。

しかし1,000通貨単位(0.1Lot)のFX業者なら、10,000通貨での取引に比べて1/10の資金で済みます。

そのため、約4,000円から米ドル/円の取引を始めることができるのです。

必要証拠金は3,000〜5,000円と変動する

「必要証拠金」は取引にあたり、最低限用意しなければいけない最小金額のことです。
必要証拠金はそのときのレートによっても変わりますし、通貨ペアごとに異なってきます。

米ドル/円で1,000通貨を現在の上限レバレッジ25倍で取引するとしましょう。
レートが100円〜110円なら、必要証拠金は4,000円〜4,400円が目安となります。

レートごとの必要証拠金はこちらです。

米ドル/円米ドル/円レート1,000通貨の
必要証拠金
100円4,000円
101円4,040円
102円4,080円
103円4,120円
104円4,160円
105円4,200円
106円4,240円
107円4,280円
108円4,320円
109円4,360円
110円4,400円

1,000通貨の場合、1円ごとに40円ずつ証拠金が変わるのが分かりますね。

つまり米ドル/円のレートが90円のとき証拠金は3,600円、120円のとき証拠金は4,800円となります。
(※必要証拠金は業者ごとに若干異なるケースもあります。)

米ドル/円以外はいくらから取引できる?

それでは、米ドル/円以外の通貨ペアはいくらから取引できるのでしょうか。

FXで人気のある通貨ペアの証拠金をピックアップしました。

2020年9月12日のレートで算出
通貨ペア1,000通貨の
必要証拠金
10,000通貨の
必要証拠金
米ドル/円米ドル/円4,300円43,000円
ユーロ/円ユーロ/円5,100円51,000円
英ポンド/円英ポンド/円5,500円55,000円
豪ドル/円豪ドル/円3,100円31,000円
NZドル/円NZドル/円2,900円29,000円
カナダドル/円カナダドル/円3,300円33,000円
南アフリカランド/円南アランド/円1万通貨/
2,600円
10万通貨/
26,000円
トルコリラ/円トルコリラ/円570円5,700円
メキシコペソ/円メキシコペソ/円1万通貨/
2,000円
10万通貨/
20,000円

米ドル/円は4,300円で取引できますが、実は「豪ドル/円」「NZドル/円」「カナダドル/円」はもっと少ない、約3,000円から取引を始められるのです。
少額で始めたいなら、上記3通貨ペアもひとつの選択肢になりますね。

また近年人気がある、高金利通貨ペアの南アフリカランド/円、トルコリラ/円、メキシコペソ/円にも注目です。
どれも必要証拠金が少ないので、メジャー通貨ペアと同じ1,000通貨であっても、より少額から取引できます。

なお南アフリカランド/円、メキシコペソ/円はレート水準の低さにより証拠金が少ないため、最低10Lot(10,000通貨)が主流です。

高金利通貨は値動きが激しい傾向があるので、初心者はレバレッジが高くならないように注意してください。

やはり初心者におすすめなのは米ドル/円で、3,000円台から取引できてスプレッドも狭い豪ドル/円かNZドル/円をチョイスするのもおすすめです。

 

各社の最新スプレッド、最新スワップポイントの比較はこちらの記事をどうぞ。

関連記事

デイトレードなどの短期売買において、もっとも重要となるのがスプレッドです。2020年現在において、米ドル/円の標準スプレッドは0.2銭、キャンペーンスプレッドは0.1銭が最狭水準として各社揃っています。また低スプレッドと同時に「[…]

FX業者のスプレッドを徹底比較!15業者×12通貨ペアのスプレッド一覧まとめ
関連記事

FXでは、スワップポイント狙いのトレードが人気です。いわゆるスワップポイントは、FX版の利息といったイメージですね。日本円は低金利通貨ですので、トルコリラ/円やメキシコペソ/円など高金利通貨を買いポジションで保有しているうちは、通貨間の[…]

FXスワップポイント15業者を徹底比較!

4,000円で取引するときの6つの注意点

少額から始められるFXですが、4,000円台でのスタートには注意点があります。

注意すべきポイント
  1. 0.1Lotだと、大きく稼ぎにくい
  2. 4,000円での取引は、レバレッジ上限25倍なので高リスク
  3. 危険なトレードを避けるなら、最低でも3万円から始める
  4. 業者ごとにロスカット水準が異なる
  5. 新規注文時、必ず「逆指値注文」も入れる
  6. 損失となったあと再び取引するなら、注文前に必ず入金する

0.1Lotだと、大きく稼ぎにくい

FXの取引数量は1Lot(=10,000通貨単位)が基本となります。
これを4,000円(0.1Lotの保有)で取引すると、利益・損益も比例して1/10となります。

1pips
有利に動くと
10pips
有利に動くと
100pips
有利に動くと
0.1Lot10円100円1,000円
0.5Lot50円500円5,000円
1Lot100円1,000円10,000円

4,000円から始めてコツコツと利益になっても、根気よく勝ち続けないと、取引量を上げるまでにかなりの時間がかかってしまいます。

例えば、1ヶ月間で取引できる20日間、0.1Lotの取引で毎日30pips取れたら6,000円になります。
これが1Lotの取引になると、6万円の利益へと大きく飛躍します。

4,000円からの取引は、あくまでも入門向けとして学ぶために行うようにしましょう。
レベルアップとともに徐々に取引量を上げると、効率よく利益の追求ができるようになってきます。

4,000円での取引は、レバレッジ上限25倍なので高リスク

現在の上限レバレッジは25倍です。
拘束資金ギリギリとなる約4,000円の入金+1,000通貨の取引で、口座のレバレッジはほぼ25倍です。

この場合、10銭動いただけでロスカットされる水準となってしまいます。

「レバレッジが高い=少ない入金額で多くの金額を動かせる」ことから、資金効率が高まります。
反面、為替変動によりロスカットされやすくなりますので、危険度も比例して上昇します。

通貨ペアごとに、どのくらいの入金額でどのくらいのレバレッジになるのか見てみましょう。

1,000通貨の必要証拠金(2020年9月12日のレートで算出)
通貨ペアレバレッジ
25倍
レバレッジ
10倍
レバレッジ
5倍
米ドル/円米ドル/円4,300円10,700円21,300円
ユーロ/円ユーロ/円5,100円12,600円25,200円
英ポンド/円英ポンド/円5,500円13,600円27,200円
豪ドル/円豪ドル/円3,100円7,800円15,500円
NZドル/円NZドル/円2,900円7,100円14,200円
カナダドル/円カナダドル/円3,300円8,100円16,200円
南アフリカランド/円* 南アランド/円2,600円6,300円12,600円
トルコリラ/円トルコリラ/円570円1,420円2,840円
メキシコペソ/円* メキシコペソ/円2,000円5,000円10,000円

* 南アランド/円、メキシコペソ/円は10,000通貨の必要証拠金で記載。

ロスカット(強制自動決済)されると口座内の資金が大きく減ってしまいます。
初心者の方はできる限り、レバレッジ5倍以内にしておくようにしましょう。

危険なトレードを避けるなら、最低でも3万円から始める

米ドル円で0.1Lotのトレードであっても、最初にFX口座には3万円を入金しておくだけで、ロスカットリスクを低減できるため、危険なトレードになりにくくなります。

レートにもよりますが、3万円の入金+0.1Lotのポジション保有ならレバレッジは1倍以内となります。

1,000通貨での取引なら、3万円以上の入金がおすすめ!

FXをこれから始めたい方にはちょっと難しい話かもしれませんが、長期的にFXを続けるために「レバレッジを下げる」ことを念頭に入れて取り組んでください。

資金に余裕のある方は、たとえ1,000通貨の取引だとしても、5万円、10万円と多めに入金することをおすすめします。

業者ごとにロスカット水準が異なる

少額でFXを始めるなら、ロスカット値にも注目してみましょう。

FX会社名取引単位米ドル/円
スプレッド
ロスカット値
1,000
通貨単位
0.2銭9100%
1,000
通貨単位
0.2銭9100%
1,000
通貨単位
0.2銭9100%
1,000
通貨単位
0.2銭9100%
1,000
通貨単位
1.0銭2選択可能
20%、100%
1,000
通貨単位
0.2銭1選択可能
8%、20%、100%
1,000
通貨単位
0.2銭9100%
1,000
通貨単位
0.3銭
*1
80%
1,000
通貨単位
0.2銭100%
1,000
通貨単位
0.2銭3選択可能
50%、60%、70%、100%
1,000
通貨単位
0.3銭9100%
1,000
通貨単位
0.2銭9100%
1,000
通貨単位
0.1銭50%
FX会社名取引単位米ドル/円
スプレッド
ロスカット値
スプレッド取得・記載日:2021年1月5日
※掲載スプレッドは原則固定(例外あり)ですが、市場急変時や流動性が低下している状況では拡大する場合があります。
*1 1回の注文が50万通貨以下の場合。
  • ロスカット値が低いほど(例. 20%)ロスカットされにくいが、ロスカットされたときの損失は大きい。
  • ロスカット値が高いほど(例. 100%)ロスカットされやすいが、ロスカットされたときの損失は小さい。
1米ドル110円のとき、10万円を入金して0.1Lot保有した場合。
  • ロスカット値が 20%なら、-9.92円までの含み損に耐えることができる。
  • ロスカット値が100%なら、-9.6円までの含み損に耐えることができる。
1米ドル110円のとき、3万円を入金して0.1Lot保有した場合。
  • ロスカット値が 20%なら、-2.92円までの含み損に耐えることができる。
  • ロスカット値が100%なら、-2.6円までの含み損に耐えることができる。

資産を守る観点で言えば、YJFX!などロスカット値100%のシステムが安全で、多くの業者では100%が基準になっています。

しかし少額から始めるなら、ロスカット値が100%だけではなく、20%の選択もできる外為オンラインを選ぶのもひとつの手です。
ロスカットリスクが高まったら、入金して証拠金維持率を高めれば、ロスカットされなくなります。

少額から始める場合は、色々と工夫をしてステップアップしていきましょう。

新規注文時、必ず「逆指値注文」も入れる

6項目のうち、最重要ともいえるのが「逆指値注文」です。
ロスカットが「最後の砦」だとすれば、その前に行う損切りが「身を守る盾」となります。

損切りをするには、事前に逆指値注文を入れておかなければいけません。

新規で成行注文をしたあと手動で逆指値注文を入れてもいいですし、IFD注文かIFD-OCO注文なら新規注文と同時に発注することができます。

超少額から始める場合、変動に耐えにくく損失リスクが高いことから、トレードスタイルとしては「スキャルピング」か「デイトレード」となります。

そのため、100円50銭で新規買いなら100円40銭に逆指値を置くように、「小さく損切りしつつ、コツコツ利益を狙うやり方」で取引していきましょう。

関連記事

FXではさまざまな注文方法がありますが、場面に合わせて注文を使い分ければ、より戦略的なトレードに役立ちます。こちらのページでは、基本的な注文方法(成行注文、指値/逆指値注文、IFD注文、OCO注文、IFDO注文、トレール注文、ストリ[…]

FXの注文方法を解説!

損失となったあと再び取引するなら、注文前に必ず入金する

こちらも少額取引の重要なポイントです。

4,000円〜5,000円など少額資金の場合、1,000通貨の取引でもロスカットリスクが極めて高いです。

損失確定後すぐの取引は、口座内のレバレッジが高くなっている可能性があるため、ロスカットリスクに注意する必要があります。

解決方法は、新規注文前に入金して一定の証拠金維持率を下回らないように調整することです。

とくに短期売買では、追加で証拠金を求められても(=追証)、入金が間に合わずロスカットになるケースも考えられます。
やはり最低でも3万円、余裕があれば10万円の資金を用意し、1,000通貨で発注するのがおすすめです。

4,000円から始めるFX【まとめ】

FXを少額からスタートするなら、まずは1,000通貨の業者を選ぶことがファーストステップです。

取引を始めたら、損失を守るための便利な「注文」を使い、適切な「資金管理」を行って安全な運用を目指していきましょう。

超少額、4,000円から始めるFX 少額取引の注意点も解説
最新情報をチェックしよう!