FXのスプレッド【Bid・Ask】とは?2Wayプライスについて知ろう

FXのスプレッド

FXではスプレッドは実質の売買コストです!

スプレッドの仕組みから、実践におけるスプレッドの注意点までを解説していきます。

 

スプレッドとは?2Wayプライスを理解しよう

投資というとさまざまな手数料がかかるイメージがあるかも知れません。

ことFXに限っては、自動売買サービス等を利用しなければ、ほとんどの手数料が無料です。

 

「各種手数料が無料なのに、どうやってFX会社は稼いでいるの?」と思う方も少なくないかも知れませんが、FX会社はスプレッドによって利益を生んでいます。

英語でspreadには「開く」「広げる」という意味がありますが、売買のときの価格差となる「スプレッド」を徴収することで、売買手数料を得ているのです。

Bid(売値)・Ask(買値)の差額がスプレッド

スプレッドを理解するには、2Wayプライスを知ることから始まります。

「本日の為替レートは、1ドル100円50銭から60銭で取引されています。」とニュースで耳にすることもありますよね。

BidとAskの差額がスプレッド
Bit(売値)
売り注文
スプレッド Ask(買値)
買い注文
110.520 0.6 110.526

FX会社が売値(Bid)と買値(Ask)を同時に提示することを2Wayプライスといい、この差額分がスプレッドとなります。

左が2Wayプライスの安値、右が高値と覚えてもいいでしょう。

 

それでは、実際のレートパネルは以下のようになっています。

GMOクリック証券のiPhoneアプリ「iClickFXネオ+」

Bid・Askを選択して成行注文をする

例えばスマホアプリなら、Bid、Askそれぞれをタップすると、大概の場合、すぐに新規で成行注文が入れられます。

買いから入るならAsk、売りから入るならBidを選択して注文を行いましょう。

外貨両替のTTS、TTBも同じ仕組み

海外旅行の際に、銀行やトラベレックス(Travelex)で外貨両替をした経験のある方はお分かりだと思いますが、外貨両替するときも2つの価格を元に交換が行われます。

外貨両替のTTSとTTB

TTSは円をドルにするときのレート、TTBはドルを円に戻すときのレートとなります。

 

外貨両替の手数料とFXのスプレッドを比べると、その差は一目瞭然です。

20万円を外貨に替えるとしたら、FXを使って外貨両替すると銀行よりも4,000円〜5,000円安く抑えられます。

これは、FXの交換手数料がいかに格安であるかを物語っているという訳です。

スプレッドの計算方法を知ろう

それではスプレッドの計算方法を解説します。

FXの取引単位の基本は1万通貨で、1lot(ロット)とも呼ばれます。かんたんに言うと、1口購入することと同じです。

 

例えば、米ドル/円を1lot買うとします。

この時のレートをBidが100.000、Askが100.050とすれば、スプレッドは5銭です。

これは、1万ドル分を買うのに100万500円かかる計算になりますので、1lotでスプレッドが5銭なら売買コストは500円となります。

1万通貨単位の取引にかかる売買コスト
Bit Ask スプレッド 実質のコストは?
100.000 100.050 5銭 500円
100.000 100.003 0.3銭 30円

米ドル/円のスプレッドは最安で0.3銭なので、この場合、1lotの取引でかかるコストは30円となります。

FX会社のチャートは、通常Bidの価格が示される

チャートには現在価格が表示されますが、通常表示されるのはBit(売り値)の価格です。

 

例えば、米ドル円のスプレッドを0.3銭として、10万通貨買います。

ここで発生するスプレッドは300円です。

 

チャートに表示されているのはBidなので、取引画面上では−300円からのスタートとなります。

FXに慣れないうちは「あれ?なんでだろう。」と思ってしまう方もいるかも知れませんね。

 

チャートに表示させる価格は「Bid → Ask」に変更できます。

Bid、Askの切替が可能

ただし、買いから注文した場合、売りレートが表示されている方が便利です。

Bit・Askはチャートで切り替えることができる、とだけ予備知識として覚えておいてください。

 

BitとAskを両方同時に見たいなら、GMOクリック証券プラチナチャートプラスが便利です。

Bid・Askを選択して成行注文をする

このように、デフォルトで2つのレートを見ることができます。

スプレッドがかかるのは新規注文時だけ

スプレッドは買ったときと、売って決済したとき、往復の取引で発生するものではありません。

スプレッドが発生するのは、最初の新規注文のときだけです。

 

通常Bidの価格がチャートに表示されていますので、新規で買いなら、スプレッド分不利となるAskのレートで買うことになります。

チャート上は売り価格ですので、決済するときは、そのときのAskの価格が適用されるため、決済時はスプレッドを気にする必要はありません。

 

ただし、相場が大きく動いているときは、スプレッドが広がりやすくなります。

このような場面では、スリッページといって、注文が通っても価格がズレて約定しやすくなります。

スプレッドの「原則固定」と「変動時の拡大」について

日本国内にある7〜8割のFX会社では、スプレッドが原則固定で提供されています。

それ以外の残りのFX会社が、変動スプレッドとなります。

FXのスプレッドの種類
原則固定
スプレッド
基本的にスプレッドは固定で提供しているが、相場が大きく変動しているときはスプレッドが拡大するのが特徴です。
変動
スプレッド
スプレッドの固定を設定していないので、スプレッドが流動的に変動するのが変動スプレッドです。
完全固定
スプレッド
どんな大相場であっても、スプレッドは拡大せず完全に固定したスプレッドで提供するというもの。現在国内で完全固定スプレッドを提供する業者はありません。

原則固定のスプレッドが拡大するときは、以下のようなケースです。

 

  • 雇用統計、政策金利の変更など、大きな変動要因となる経済指標が発表されたとき
  • 戦争、紛争、テロなどの地政学的リスクが高まったとき
  • 地震、台風などの天災発生によるリスクオフで大きく売買されるとき
  • 要人による発言や金融ショックなど

 

このなかでも、要人発言と経済指標発表時にスプレッドが広がることは、日常的によく起こります。

スプレッドが拡大しているときは、為替レートが大きく上下に乱高下しやすいので、初心者の方は取引に慣れるまで、このような相場での取引を見送るのも賢明な判断です。

銭とpipsの呼び名の違い

スプレッドの単位にはpips(ピップス)が使われています。

pipsの代わりにpoint(ポイント)が使われることもあります。

 

米ドル/円、ユーロ/円、ポンド/円のように、対円の通貨ペアでは最小単位を表す「銭」が使われています。

ペニーやセントなど、外貨にも通貨の最小単位はありますが、外貨同士の場合は最小単位の呼び名を統一しなければ不憫ですよね。

そこで登場するのが、pipsです。

 

アメリカのトレーダーからしたら、日本円は外貨ですよね。

つまり、米ドル/円のスプレッドは0.3銭、0.3pips、別にどちらで呼んでも大差がないということです。

低スプレッドでおすすめのFX会社

低スプレッドでおすすめのFX会社は、GMOクリック証券外為どっとコムです。

スプレッドは取引を重ねるたびに、また取引数量を上げるほど、売買コストとして積み重なってきます。

小さな利益を狙っていく取引は、スプレッドが狭い会社の方が利益にも結びつけやすいです。

デイトレで1日に何度も売買するような取引スタイルの場合、スプレッドの狭さというのは本当に重要になってきますので、低スプレッド会社を最優先で選ぶようにしてください。

 

FX各社のスプレッド比較はこちらのページでご確認いただけます。

気になる疑問や便利なTipsなど


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!