FXを1万円からスタート! - 1,000通貨単位で始める少額取引の方法

1万円でFX

「FXに興味はあるけれど、一体いくらからできるのかな?」

「少額から始めるやり方に注意すべきことはある?」

 

初めての投資だと少し不安で尻込みしたり、なかなか一歩を踏み出せないこともありますよね。

そこで、1万円から低コストで始められるFX会社と、少額取引の注意やコツをご紹介します!

1,000通貨なら、約4,500円からFXができる

1万円をかざしてFXを始める様子

通常、約5万円が資金として必要なFXですが、実は1万円を用意すれば取引を始めることができます。

 

FXの取引には、単位としてlot(ロット)が使われます。

取引する通貨ペアの最小取引できる金額は [レート × 1万通貨 × 4%] で計算できます。

 

たとえば、1$=111円のとき1万通貨で1lotの注文するには、米ドル/円で約45,000円が必要となります。

1000通貨の場合はこの1/10の金額ですので、約4,500円が必要となります。

通貨単位 1,000通貨
(0.1lot)
1万通貨
(1lot)
* 米ドル/円の
必要証拠金
4,500円 45,000円
1円有利に
動いたら?
+1,000円 +10,000円

つまり1,000通貨なら、1万円さえ入金すればFXが始められるということになります。

1万通貨の場合、注文して有利な方向に1円動くと利益は1万円です。

1,000通貨だと、1円動いても1,000円の利益にしかなりませんが、初心者の方が少額で学びながら始めるには、1万通貨よりは適しているでしょう。

「デモトレードでビギナーズラックで上手くいって、そのまま本番環境で数十lotの売買をしたら大やけどした。」という例もあります。1万通貨に移行するのは、慣れてからでも遅くはありません!

本番環境で、緊張感を持って少額から売買することは、FX初心者にとって、実はとても大切なことなのです。

FX初心者こそ、少額から始めるべき

少額からコツコツと利益を積み上げる

FXは少額から始めても稼げないから1Lotから始めるべきだ、とする声もインターネットでは見受けられますが、初心者こそ少額から始めるのが本来の姿です。

取引単位を上げるのは、冷静な分析と売買によってコツコツと収益を積み重ねられるようになってからでも、まったく遅くはありません。

 

収益化できる根拠がないのに、いきなり大きな取引量を動かすようでは、FXをギャンブルとして扱うのと一緒です。テクニカル分析とファンダメンタルズ要因を駆使して自分の勝ちパターンを見つけ出し、まずは勝率をキープできるようになることが先決です。

 

まず少額から始めると、ビギナーが気をつけるべき「ロスカット」のリスクにもさらされにくくなります。

FXは証拠金(=わかりやすくいうと入金額)を担保とした為替取引です。レバレッジ効果により少額の元手で効率的に収益化できる反面、注文を入れた反対方向に大きく動いた場合、証拠金が一定の維持率を下回ると強制的にロスカットとなります。

以下の一例をご覧ください。

1米ドル=100円、ロスカット水準が100%のとき
取引量 このときのレバレッジは? ロスカットまでの値幅
10万円で1lotの取引 10倍 6円
5万円で1lotの取引 20倍 1円
1万円で0.1lotの取引 10倍 6円

このように、レバレッジが高いほどロスカットされやすくなります。5万円を入金して1万通貨の取引をするよりも、1万円で1,000通貨の取引をしたほうが、価格変動リスクを抑えられます。

2万円を入金して1,000通貨の取引なら、もっとレバレッジを下げられるのでおすすめです。

FXを1万円から始めて稼げるのか?

考える人

1万円の初期資金だと、最小で0.1lotからのスタートとなりますので、有利なレートに動いて決済したら1pipsで10円、10pipsで100円、100pipsで1,000円の利益になります。

FXは土日は取引ができませんから、月〜金曜日の5日間×4週で月に20日取引チャンスがあることとなります。

 

月20営業日と仮定して毎日100pips取れたとすれば、0.1lotなら2万円、1lotなら20万円の利益となります。

 

取引単位によって利益には大きく差が出てきますので、やはりFXでそれなりに利益を生むには、徐々に取引単位を上げる必要があります。

 

0.1lotから始めてみて、口座内の資金が増えてきたら0.2lot、0.3lotと少しずつ増やしていき、まずはFXの基本単位となる1lotを目指してステップアップしていきましょう。

FXを1万円から始めるための「5つ」のポイント

取引対象となる通貨ペア選び

初心者おすすめの通貨ペアは米ドル/円«USD/JPY»

1万円から始める場合、必要証拠金が低い通貨ペアを選ぶ必要があります。必要証拠金が多い通貨ペアだと、少額から始めるとレバレッジが高くなりやすいので、ハイリスクとなりやすいからです。

まずは必要証拠金が低くて、値動きが穏やかな米ドル円から始めるのがおすすめです。

最初は0.1ロットから始める

FXの取引単位は0.1ロット、0.2ロット...1ロットとステップアップしていこう。

通貨ペアによっては1万円の入金で0.2ロット、0.3ロットで新規エントリーできたりしますが、1万円から始めるなら基本は0.1ロットで取引するのがベターです。
やみくもにロット数を上げると、証拠金維持率が下がるためロスカットされやすくなります。取引数量の調整は、口座内の資金やトレード実績、高勝率に期待ができる局面で検討してください。

 

そして、少額といっても本番環境ですから、気を抜かずに取引に挑む心構えを持つことも大切です。

 

将来的に1lot、10lotと取引量を上げていったとしても、少額から真剣に取り組んだ経験はきっと生きてきます。少額だからといって遊び感覚ではなく、本番環境で実践感覚を養う意識を持って取り組んでください。

逆指値注文で、利益と損失をコントロールする

逆指値注文を使って利食い・損切りをするときのイメージ。

せっかく少額から始めても、預け入れた金額が証拠金ギリギリだと、どうしてもロスカットにかかりやすくなってしまいます。

証拠金に余裕がある状態が理想なのですが、強制ロスカットのリスクを極力なくすためにも、ストップロス(逆指値)注文は必ず入れておくようにしましょう!上手くトレンドに乗って含み益が出てきたら、ストップロス価格を随時変更して、確実な利益化に向けて調整していきましょう。

やみくもに取引するのではなく、利益は何pips、損失は何pipsとあらかじめルールを決めておくことも大切です。

トレード日記をしっかりつける

ノートに書かれた、FX初心者のチェックリスト

これは少額取引に限ったことではありませんが、Excelでも手書きのノートでもいいので、FX専用で収支を付ける習慣をぜひ付けてみてください。

損益、エントリー/イグジットに至った経緯、その時の相場の背景などを日々メモしていけば、成功パターン、失敗パターンが自ずと見えてきて、その後の戦略にも役立ちます。

とにかくFXを学ぶ

女性がチャートと数字を眺めて考えている。

まずはFXの値動きを読むためにも、テクニカル分析を少しづつ覚えていきましょう。

当FXクイックナビでもさまざまなテクニカル指標の見方を解説しています。
またおすすめなのは、ツイッターでFX著名人をフォローして情報収集をすること。プロが意識する価格帯やファンダメンタルズ要因から見た相場の先行きを、ぜひ注目してみてください。

1,000通貨対応のFX会社の選び方とは?

黒板に書かれた文字のCOSTS(コスト)

1,000通貨対応業者であれば1万円からFXを始められますが、ひとつ注意も必要です。

1万通貨単位以上の取引はほとんどの会社で取引手数料は無料ですが、1,000通貨単位での売買だと手数料が発生する会社もあるからです。

また、スプレッドの低い会社の方が売買コストを抑えられますので、1,000通貨単位の取引手数料の有無とともに、スプレッドの狭さにも注目するようにしてください。

1,000通貨対応なら、取引手数料が無料であり、スプレッドが狭い会社を選ぶことが、低コストな会社選びのポイント!

1,000通貨対応・手数料無料・低スプレッドの会社

1,000通貨で取引ができ、取引手数料が無料、米ドル/円が0.3銭以下の3つの条件に当てはまるFX会社はこちらです。

各項目「▲▼」をクリックすると、並べ替えができます。

FX会社名 取引単位 初回入金額 スプレッド
米ドル円
公式サイト
1,000
通貨単位
なし 0.3銭
*原則固定
口座開設 詳細情報
1,000
通貨単位
3万円 0.3銭
原則固定
口座開設 詳細情報
1,000
通貨単位
1万円 0.3銭
原則固定
口座開設 詳細情報
1
通貨単位
なし 0.27銭
原則固定
口座開設 詳細情報
1,000
通貨単位
なし 0.3銭
原則固定
口座開設 詳細情報
1,000
通貨単位
1万円 0.3銭
原則固定
口座開設 詳細情報

* 例外あり

1万円でFXをするのにおすすめのFX会社

口座数の多い老舗のFX会社の外為どっとコムは、安心して少額から始めることができます。

FX初心者の方にも扱いやすい、高機能な取引ツールが無料で利用可能です。

東京新橋の本社ビルでは、口座開設者が無料で受講できる会場セミナーを定期的に開催していますので、首都圏近郊の方はぜひ参加してみてください。

 

SBI FXトレードは、業界最小1通貨、つまり米ドル/円の取引は約4円からできる国内でも貴重なFX会社です。

期間限定で、新規で口座開設された方に「500円」を口座に入金プレゼントしてくれますので、デモトレード感覚で、初期費用いらずで実際の取引を体験することができます。

好条件で1,000通貨に対応!|外為どっとコム

老舗のFX会社「外為どっとコム」は会場セミナー・オンライン・セミナーが豊富!

短期売買で使えるスピード注文を搭載し、注文方法・分析チャートも豊富に揃っています。

またカスタマイズもしやすく、上級者にも嬉しい「デュアルディスプレイ」にも対応!大画面や複数モニターなら、プロに劣らない取引環境の実現ができます。

複数通貨ペアで同時発注ができる機能もありますので、値動きが連動しているときだってチャンスを逃がしません!

スワップポイントも高水準の外為どっとコムなら、長期運用にも向いています。


外為どっとコムは米ドル円0.3銭、豪ドル円0.7銭と業界最狭水準のスプレッド
スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 ポンド/円 豪ドル/円 NZドル/円 加ドル/円 スイスフラン
/円
ユーロ
/米ドル
0.3銭
*原則固定
0.4銭
*原則固定
1.0銭
*原則固定
0.6銭
*原則固定
1.0銭
*原則固定
1.7銭
*原則固定
1.8銭
*原則固定
0.3pips
*原則固定
通貨単位 初回入金額 通貨ペア チャート 取引ツール
1,000
通貨単位
なし 20
通貨ペア
17
種類
WinMac
iPhoneiPad
Android
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の口座開設キャンペーン情報

2017年12月30日(土)取引終了時までのキャンペーン期間中に、新規で口座開設し、取引条件を達成すれば最大50,000円をキャッシュバック!

無料の口座開設をする

こちらから無料で外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の口座開設ができます!

超少額からFXができる!|SBI FXトレード

最狭水準の4桁スプレッドで、常に業界を一歩リードするSBI FXトレード!
1通貨単位から選べる数少ないFX会社なので、米ドル/円は最小「約4円」から取引ができます。

SBI FXトレードは業界初、小数点以下4桁でレートを提示する唯一のFX会社です。

FXは通常、1,000通貨(0.1lot)か10,000通貨(1lot)から取引できるのですが、1通貨から取引できる会社はほとんど皆無なのです。

そのため、1通貨(0.01lot)から取引するとしたら、約4円もあれば米ドル/円の取引ができますので、本番環境で練習しながら始めることができるという、初心者に優しいFX会社です。

スプレッドは1通貨〜10,000通貨までは0.27銭、10,001通貨〜500,000通貨までは0.29銭と、現在の日本国内ではもっとも狭い水準で提供されています。

超少額 + 超低スプレッドでFXを始めたいビギナーの方は、スマホアプリにも完全対応する「SBI FXトレード」がおすすめです。

大手企業SBIグループのFX会社なので、安心感も抜群であるといえます。

4桁のスプレッドとともに、PCではチャートから発注ができるので、よりタイムリーに取引チャンスを狙えますので、スキャルピングでこつこつと売買を行い、収益を目指したい方にもおすすめです!


スプレッド幅業界最狭水準!米ドル/円0.27銭 例外あり、1万通貨まで。SBI FXトレードで無料で口座開設
スプレッド(1~10,000通貨)
米ドル/円 ユーロ/円 ポンド/円 豪ドル/円 NZドル/円 加ドル/円 スイスフラン
/円
ユーロ
/米ドル
0.27銭
原則固定
0.39銭
原則固定
0.89銭
原則固定
0.59銭
原則固定
0.99銭
原則固定
1.69銭
原則固定
1.79銭
原則固定
0.48pips
原則固定

* 10,000通貨単位までのスプレッドを表示。10,001通貨単位以上のスプレッドは注文数量により変化します。

SBI FXトレードの基準スプレッド一覧

※赤字が2017年11月20日からの縮小スプレッド。

通貨単位 初回入金額 通貨ペア チャート 取引ツール
1
通貨単位
なし 26
通貨ペア
20
種類
Win
iPhone
Android
SBI FXトレードのキャンペーン情報

新規口座開設し、「口座開設完了メール」が届いた日(口座開設日)の翌月10日 6時00分までに、取引口座に初回ログインをされた方全員に500円を入金プレゼント。

無料の口座開設をする

こちらから無料でSBI FXトレードの口座開設ができます!


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!