CFD業者を銘柄数で比較【株価指数・株式・商品・債券先物】

「さまざまな銘柄の取引にチャレンジしてみたい!」
「特定の銘柄よりも、チャンスのある銘柄を優先して取引したい!」

そんな方は、銘柄数の豊富なCFD業者を選ぶと、取引対象の選択肢も広がります。

CFD銘柄を一覧で比較!

銘柄名などの「▲▼」をクリックすると、並べ替えができます。

CFD業者名銘柄数株価指数
CFD
商品
CFD
株式
CFD
債券先物
CFD
ETF
CFD
暗号資産
CFD
GMOクリック証券CFD48148
銘柄
DMM CFD
1.313
銘柄
IG証券 CFD9917,000
銘柄〜
楽天証券 CFD4.040
銘柄
サクソバンク証券サクソバンク証券 CFD90約9,000
銘柄
くりっく株3650.44
銘柄
まいにち金・銀0.22
銘柄
ループ株365
0.44
銘柄
LION CFD0.99
銘柄
ゴールデンウェイ・ジャパン(FXTF)FXTF 商品CFD0.22
銘柄
株価指数CFD/商品CFD
1.616
銘柄
暗号資産CFD0.44
銘柄
トライオートETF2.626
銘柄
CFD業者名銘柄数株価指数
CFD
商品
CFD
株式
CFD
債券先物
CFD
ETF
CFD
暗号資産
CFD

各銘柄の特徴をおさらいしよう!

CFDでは投資対象となる原資産ごとに、「株価指数CFD」「商品CFD」「株式CFD」「債券先物CFD」などがあります。

それぞれ、具体的にどのような銘柄があるのか見てみましょう。

株価指数CFD

世界の代表的な株価指数CFD

株価指数を原資産とするのが、株価指数CFDです。
株価指数とは、ある特定の銘柄群の株価や、取引所全体の株価の動きを表す指標です。

日本の株価指数CFDであれば、日経225が有名です。

これは、東証第一部上場銘柄で活発に取引されている流動性の高い225銘柄、すなわち日経225(日経平均株価225種)を原資産としたCFDとなります。

アメリカの株価指数CFDでは、NYダウ、ナスダック100、S&P500が有名です。

NYダウはNYダウ平均株価指数(ダウ工業株30種平均)を原資産としたCFDで、名称に工業とありますが、アップルやディズニーなどアメリカの優良企業30社の平均株価指数です。

アメリカの平均株価指数にはナスダック100もあり、これはベンチャー向け株式市場NASDAQに上場する時価総額上位100銘柄から算出されています。
S&P500も同じように、アメリカの株式市場の代表的な500銘柄で構成された平均株価指数です。

欧州にはイギリス100(FTSE100指数)、ドイツ40(ドイツDAX指数)、EU全体ならEU50(ユーロ・ストックス50指数)などがあり、いずれも各国を代表する株価指数となっています。

株価指数の取引をするなら、短期売買ならGMOクリック証券CFDがおすすめです。
高機能ツールのMT4を使いたいなら、楽天証券CFDを選ぶ選択ができます。

銘柄数の豊富さで選ぶなら、株価指数を約40銘柄揃えているIG証券CFDがおすすめです。

株価指数の配当狙いなら、くりっく株365が配当相当額の受け取り有利となっています。

関連記事

資産運用について学びはじめた頃だと、「日経平均株価ってよく聞くけど、正直なところ何を指しているの?」と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。『日本のなにかの株価[…]

「日経225」超入門ガイド!
関連記事

みなさん「NYダウ」って聞いたことありますか?投資に興味がある方でしたら、きっと経済ニュースで目にする機会も多いことでしょう。話題を集めるNYダウの仕組み[…]

NYダウで始めるCFD投資

株式CFD

米国株CFDの例(NYダウ)

株式CFDでは世界中の企業に投資することができます。

上記はNYダウ構成銘柄の例ですが、国内なら任天堂やTOYOTA、ソフトバンク、楽天などが代表的ですね。

株式CFDを取り扱っている業者は限定されますが、GMOクリック証券CFDではAppleAmazonテスラなどの外国株に対応しています。

IG証券CFDなら国内外で12,000銘柄以上を揃えており、名の知れた企業ならほぼ網羅しています。

IG証券は株式CFDに関しては売買手数料が発生するため、取引コストを抑えるならGMOクリック証券、GMOクリック証券に取引したい銘柄がなければIG証券を使い分けるやり方ができます。

関連記事

2021年2月に米大手電気自動車のテスラが、ビットコイン15億ドル(約1,600億円分)を取得したと公表がありました。このニュースによって、ビットコインに電気が流[…]

ビットコイン×テスラで今話題!テスラに投資できるCFDをご紹介

商品CFD

代表的な商品CFD(コモディティーCFD)

商品先物(コモディティー)を原資産とするのが、商品CFDです。

貴金属、エネルギー、農産物関連が主な商品CFD銘柄となります。
貴金属先物であれば金、銀、プラチナ、エネルギー先物であれば原油や天然ガス、農産物先物であれば小麦、米、トウモロコシ(コーン)、大豆、砂糖、コーヒーなどがこれにあたります。

商品CFDは金、銀、原油を扱っている業者は多いですが、それ以外の銘柄の取り扱いは業者ごとにまちまちなので、あらかじめ確認しておくようにしましょう。

銘柄数が多いIG証券CFDなら、商品CFDを約70銘柄取り揃えています。

債券先物CFD

世界の代表的な債券CFD

主要国の国債を原資産とするのが債券先物CFDです。

国債とは「国家が発行する債券」のことで、債券とはいわば「国の借金の借用証書」であり、財源確保の目的で発行されています。
日本国債のほか、外国債では米国債英国債ドイツ債フランス債イタリア債などがあります。

債券先物CFDはIG証券CFDで取引が可能です。

その他のCFD

その他のCFD銘柄には、価格が株価指数や商品価格等の「特定の指標」に連動する商品、ETPを原資産とするバラエティCFDがあります。

ETP(上場取引型金融商品)には以下の種類があります。

  • ETF(上場投資信託)
  • ETN(上場投資証券)
  • ETC(コモディティ上場投資信託)

GMOクリック証券CFDではETF、ETNを取り扱っており、IG証券CFDではETF、ETN、ETCを取り扱っています。

GMOクリック証券 CFD

GMOクリック証券|世界中のマーケットへ投資できるCFD

GMOクリック証券のCFDは、全137銘柄において取引手数料が「完全無料」。そのため実質のコストは、スプレッドしかかかりません。
スプレッドは業界を引率するほどの狭さなので、売買コストをとにかく抑えたい方におすすめです。

高機能PCツールに加え、チャート分析ができる「高機能スマホアプリ」が使いやすいことも人気の理由です。

GMOクリック証券は豊富な銘柄数、手数料無料、低スプレッド、高機能ツールと抜群のスペックなので、初心者〜上級者までおすすめの業者です。

こちらから無料でGMOクリック証券CFDの口座開設ができます!

DMM CFD

今話題のCFDをはじめるならDMMCFD

DMM CFDは取引手数料が完全無料なので、見えにくいコストを気にして取引する必要がありません。
さらにスプレッドは業界最狭水準の狭さなので、とにかくコストを抑えてデイトレードしたい方におすすめです。

FXで使いやすいと人気の取引ツールと同等のシステムが採用されているため、初心者でも操作しやすい取引画面はユーザーのお墨付きです。
DMM CFDでは人気の13銘柄を取り扱っており、銘柄選びに悩むことなく取引を始められます。

こちらから無料でDMM CFDの口座開設ができます!

IG証券「CFD口座」

IG証券のCFDで昨日までの投資を、塗り替えろ。

業界トップクラスを誇る豊富なCFD銘柄数が、IG証券最大の魅力です。

国内外の株式CFDは12,000銘柄〜と圧倒的なボリュームを誇り、株価指数CFD、商品CFD、債券先物CFD、ETF CFDまで幅広い銘柄を取り扱っています。

取引単位が小さく設定されているため、IG証券では少額から取引を始められることもポイントです。

スマートフォンアプリ(iPhone/Android)、タブレットアプリ(iPad/Androidタブレット)にも完全対応し、FX、バイナリーオプション、ノックアウトオプションも取引できます。

こちらから無料でIG証券の口座開設ができます!