CFDをAndroid対応(アプリ・ブラウザ)で徹底比較!

AndroidでCFDができるスマートフォン用アプリ・タブレット用アプリと、Google Chromeなどのブラウザで取引ができる業者をご紹介します。

CFD取引アプリは、スマホ専用でリリースしている業者が主流で、タブレットに最適化されたアプリを提供している業者もあります。
DMM CFDマネパのCFD-Metalsのように、アプリではなくブラウザで手軽にトレードできる取引ツールを提供するところもあります。

Androidタブレットで取引する場合、スマホ用アプリをそのまま使うことも可能ですが、アプリ・ブラウザ問わず、タブレットに最適化されている方が、チャートを見ながら発注ができるため、快適に取引することができます。まずは各社の対応状況を見てみましょう。

CFD業者のAndroidアプリ・ブラウザ対応一覧表

CFD業者名スマホ対応
(iPhone/Android)
Android
タブレット対応
銘柄数テクニカル
指標
注文種類マーケット
情報
GMOクリック証券CFD
アプリ

アプリ
6135
銘柄
310
種類
8
種類
4
DMM CFD

ブラウザ版

ブラウザ版
37
銘柄
412
種類
7
種類
1
サクソバンク証券CFD
アプリ

アプリ
76,000
銘柄〜
849
種類
8
種類
1
くりっく株365
アプリ

アプリ
24
銘柄
627
種類
8
種類
1
CFD-Metals
ブラウザ版

ブラウザ版
12
銘柄
25
種類
6
種類
1
ループ株365

ブラウザ版

ブラウザ版
24
銘柄
515
種類
913
種類
1

株価指数CFD


アプリ

アプリ
416
銘柄
730
種類
6
種類
1
暗号資産CFD
アプリ

アプリ
24
銘柄
310
種類
8
種類
-
トライオートETF
アプリ

アプリ
526
銘柄
1-7
種類
-
CFD業者名スマホ対応
(iPhone/Android)
Android
タブレット対応
銘柄数テクニカル
指標
注文種類マーケット
情報

各社のAndroid用CFD取引ツールを見てみよう!

それでは各社の取引画面を見ていきましょう。

GMOクリック証券CFD

【アプリ名:CFDRoid】

スマホで取引するのにおすすめなのが、GMOクリック証券のCFDRoid。
スマホ専用アプリですので、タブレットでは完全に最適化されている訳ではないものの、チャートの閲覧や注文は問題なく行えます。
大手ネット系企業であるGMOグループの強みである「開発力」をが生かされており、扱いやすくてサクサク動く取引アプリです。

チャートはテクニカル指標の複数表示ができ、指で拡大・縮小も可能。
高機能テクニカルチャートを搭載
c必要な情報を把握しながらスピーディーに発注可能
Androidアプリ・CFDRoidの取引画面
気になる銘柄にすぐアクセスできるウォッチリストを搭載
ウォッチリスト

注目すべき機能として、お気に入りの銘柄にすぐアクセスできる「ウォッチリスト機能」を搭載!
日本225、金、原油など、気になる銘柄を登録しておけばすぐに確認できて、それぞれのチャート推移を見比べることもかんたんです。
取引手数料が無料でスプレッドが狭く、取り扱い銘柄も幅広く取り揃えていますので、CFD初心者〜上級者まで納得の取引環境で選ぶなら、GMOクリック証券がおすすめです。

こちらから無料でGMOクリック証券CFDの口座開設ができます!

DMM CFD

【Webアプリ名:DMM CFD スマホ】

DMM CFDからスマホ版取引ツールが、ついに登場しました。

高機能チャートにはスパンモデル、スーパーボリンジャーなど全12種類のテクニカル指標が搭載され、複数表示からパラメーターのカスタマイズにも対応。

注文には「決済同時発注」の機能があり、新規注文と同時に利食い・損切りをあらかじめ指定して発注できるため、確実な利食いから損失リスクの回避に役立ちます。

※画像はiPhone版ですが、Android版も共通仕様です。

スマホ版取引ツールは複数テクニカル指標の表示が可能
チャート
損失をコントロールしながらストリーミング注文ができる
注文画面
CFD銘柄の売買比率を閲覧できる
注文比率

ニュース、経済指標の閲覧にも対応し、注目の機能が「売買比率」です。
他のトレーダーはどちらのポジションを保有しているのか、数量ベース/人数ベースで直感的に判断できるため、売買の参考にも便利です。

Webアプリとして開発されているため、操作性はアプリと何ら変わりません。

DMM CFDなら、スマートフォンで高度な注文から高度な分析まで、自由自在に行うことができます。

こちらから無料でDMM CFDの口座開設ができます!

サクソバンク証券 CFD

【アプリ名:SaxoTraderGO】

マルチデバイス対応のAndroidアプリ版「SaxoTraderGO」。
FX/CFD/FXオプションを1つのアプリで取引でき、タブレット、PCにも対応するマルチデバイス設計となっています。
独自機能として「比較チャート」を搭載!2つの銘柄の値動きを比べることができます。
またアプリ内には、チャートパターンを自動で検出する「オートチャーティスト」が内蔵。CFD銘柄にも対応しているため、取引チャンスの銘柄をかんたんに知ることができます。

Androidアプリ版SaxoTraderGOの注文画面
注文画面
最大5銘柄まで比較できる「比較チャート機能」を搭載
比較チャート
取引シグナルにより、取引機会が発生した銘柄が分かる
取引シグナルで取引機会を逃さない!

またAndroid版ではウィジェット「SaxoTrader Widget」が用意されており、ホーム画面にレートを表示させたり、ウィジェットからアプリにアクセスすることも可能。
ウィジェットはGoogle Playで別途インストールすれば利用ができます。

ほぼ英語表記が難点であるものの、独自の分析機能が光る仕上がりとなっています。

こちらから無料でサクソバンク証券CFDの口座開設ができます!

岡三オンライン証券 くりっく株365

【アプリ名:岡三オンライン株365】

取引所CFD(くりっく株365)による信頼と、高機能を誇る取引ツールで選ぶなら岡三オンライン証券がおすすめです。
テクニカル指標、注文方法が豊富で、独自マーケット情報の配信頻度も多いため、多彩な戦略で売買したい方はご検討ください。

大画面で視認性に優れたレートパネル
レート一覧
株価指数のほか、主要通貨ペアもチャートで閲覧可能
主要通貨ペアもチャート閲覧に対応
豊富なマーケットニュースが岡三オンライン証券の強み
アプリひとつで情報収集しやすい

取引所CFDで提供されているのは、日経平均225、NYダウ、DAX、FTSE100の4銘柄!
スマホアプリは初心者でも迷わないシンプルな設計なので、CFDの入門にも向いています。
なお米ドル/円など主要通貨ペアに限り、チャートで閲覧することも可能です。

こちらから無料で岡三オンライン証券「くりっく株365」の口座開設ができます!

マネーパートナーズ CFD-Metals

【CFD版 クイック発注ボード】

マネーパートナーズの貴金属CFD、CFD-Metalsはブラウザからアクセスすれば取引が可能!
Androidならスマートフォン、タブレットともに、デフォルトブラウザかGoogle Chromeでご利用ができます。

非アプリだが、Androidに完全最適化されている
Androidブラウザ版の発注画面
テクニカル指標を搭載したブラウザ版チャート
ブラウザ版チャート
マネパの会員なら金・銀のマーケットレポートを閲覧可能
金・銀のマーケットレポート

マネパの取引システム「クイック発注ボード」は1画面に集約された、分かりやすさが魅力!
Gold/USD、Silver/USDの厳選された2銘柄なので、これからCFDに挑戦したい方も入門にも向いています。
無料で使える値動き予測ツールの「かんたんトレナビ」はスマホ、タブレットにも対応。チャート分析が苦手な方は、売買シグナル補助ツールを参考にするのもいいでしょう。

日々金と銀のマーケットレポートがテクニカル分析を交えて配信されているので、金・銀トレーダーにはマネパがイチオシの業者です。

こちらから無料でマネーパートナーズの口座開設ができます!

Android対応CFD業者のスペックを比較!
最新情報をチェックしよう!